アルバイトやパートタイマーでも残業代請求できるのか?

アルバイト パートは経営側からすると都合の良い社員です。繁忙期には残業、残業で乗り切り、仕事が無くなれば解雇すれば良いと考えている経営者が多くて困りますよね。しかしアルバイト パートであっても残業代は請求できます。

1日8時間、週に40時間以内であれば通常の時間給で良いのですが、それを超える場合は割増(25%)の残業代を請求できます

アルバイト パートの残業代

アルバイト パートの残業代を考えてみましょう。アルバイト パートにも労働基準法が適用されますから、残業すれば当然ですが残業代を請求できます。

時給800円で6時間働いている場合、繁忙期で、ある日に10時間働いたとしましょう。
6時間までは給与、6時間を超え8時間までの2時間は残業(割増はない)、8時間を超える2時間は残業代(25%割増)を請求できます。

従って残業代は、800円×2時間=1600円(残業代①)、800円×2時間×1.25(割増25%)=2000円(残業代②)となり、この日の残業代は、3600円ということになります。

4時間×800円=3200ではありませんので注意しましょう。このルールを知らないと400円の損をする事となります。たった1日なら良いのですが、積み重なると額が大きくなりますよね。

残業代を支払わない会社なら、未払い残業代の請求をしましょう。在籍中は勿論、退職後でも2年以内の未払い残業代は請求できます。

アルバイト パート、最低賃金を確認しましょう

都道府県毎に最低賃金が決まっています。H27年の最低賃金907円~693円で地域により異なります。貴方の時間給が最低賃金を下回っていないことを確認しておきましょう。